車の外観をワンランク上に仕上げましょう

多種多様なクロムメッキからお選び頂ける安達工業株式会社
みなさんは車の改造に興味を持っているでしょうか。改造といっても、暴走族のようなものではなく、外見を良い意味でオシャレにするようなものです。
もしも現在車の外観をオシャレにしたいけれど良いパーツが見つからないと悩んでいるなら、クロムメッキ加工を施してみてはいかがでしょうか。
クロムメッキというのは硬く、耐候性に優れ、光や熱の反射生が良い、とても優れた素材です。多くの自動車ユーザーは自身の車の外観をおしゃれにするために、クロムメッキ加工を施しているという実績があります。
クロムーメッキ加工を施した車の良さは、実際に見て感じることが一番です。身近にクロームメッキ加工を施した車を所有している方がいれば、ぜひ見せてもらいその美しさを感じてみてください。あなたが車好きなら、きっと一目惚れすることでしょう。
前述した通り、クロームメッキ加工をすることにより外観が良くなるだけでなく耐久性に優れた愛車に生まれ変わるので、ぜひお試しあれ。

普通のメッキとクロムメッキは輝きが違う!

元々私はメッキの種類に詳しいわけではありませんでした。もちろん今も特に詳しいわけではありません。しかしクロムメッキと普通のメッキは見てみると全く違う輝きをしています。私のようにメッキに詳しくなくても一目瞭然というくらいの違いです。
普通のメッキは黄色味がかっていたり濁っていたりしますが、クロムメッキは透明度があり青白く光るのでとても高級感があります。これは感覚の問題ですが、層が深いような厚いような気がするくらい薄っぺらさを感じないメッキがクロムメッキだと思います。
同じ金属にメッキした場合、ニッケルメッキとクロムメッキではクロムメッキの方が若干高価ではありますが、仕上がりの美しさを考えるとやはりクロムメッキをチョイスしたいところです。
もちろん仕上げ方法や加工方法によるとは思いますが、普通のメッキやニッケルメッキに比べるとクロムメッキの方が強度は高いようです。風合いや強度、どれをとってもクロムメッキは優秀だと思います。

先ず、クロム金属の特性について、

先ず、クロム金属の特性について、

先ず、クロム(Cr)という金属についてですが、クロムというのは人間にとって必要不可欠な元素とも言われ、水素や炭素や酸素、それに窒素のように有機物を形成する物質と、カルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)のような金属物質が存在しますが、その必要不可欠な金属元素の中にクロムという金属も含まれるのです。

クロムは肝臓や腎臓、それに脾臓などの臓器の中に極微量ながら含まれています。 これが不足すると、糖尿病や動脈硬化に影響を与えると言うインスリンが、十分に働くことができなくなり、人体に深刻な問題を引き起こします。
従って、クロムという金属は、人が健康に生きていく上で非常に重要な成分なのです。

一方、クロム金属は酸化し安く、三酸化クロム(化学式:CrO3)や六価クロムになりやすい性質を持ってます。 これは非常に毒性が強く、気化しながら非常に体内に取り込まれやすく、皮膚に付くと皮膚炎や腫瘍を引き起こし、又、発がん性もあると言われています。

さて、クロムという金属は、一般には銀白色のメタルで、非常に硬いのが特徴です。
この金属は、表面が直ぐに酸化皮膜に覆われてしまうので、非常に錆び難いという性質があります。
それに、金属としてのクロムは、光沢があること、硬いこと、耐食性がある(さびにくい)ことから、メッキとして使われるのが一般的な金属と言えるのです。